2012年05月31日

来週、再稼働か?!

野田首相が来週にも大飯原発を再稼働する方針を示しました。
まだ福島原発事故の検証が進んでいない上に、原子力規制庁の法案が国会に提出されたばかりだというのに、あまりにも拙速な判断だと思います。

「橋下市長の理解が決め手」と解説した新聞も多かった様です。彼は「暫定的」ということに拘っていますが、ゼロか1かは大きな違いです。
関西電力の説明も、いつの間にか大飯さえ動かせば需要を賄えるかの様に論調が変わったのも気になります。

まだ時間はあります。
再稼働を許さないために、署名や要請で頑張りましょう!
posted by タテヤマ at 11:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

10ヶ月間の取材でした。

2011年夏。警戒区域に一時帰宅するご家族から取材がスタートしました。
自死を選ばれた須賀川のキャベツ農家のご遺族のお話には胸を打たれ、賠償や除染、健康診断などの問題で立ち上がる人たちの熱意にも触れることが出来ました。
そして、アメリカでの取材を通して日本に原発を持ち込んだ人々の思惑…、核兵器の脅威によるアメリカの世界支配の野望と、それに乗った日本の財界・マスコミの姿が浮かび上がってきました。

多くのことを学んだ10ヶ月間でした。
これからも原発と日本のエネルギーについての取材を続けていきたいと思います。

posted by タテヤマ at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発DVD完成しました

福島原発事故の被害と日本のエネルギー問題を考えるDVDが完成しました。
内容を簡単にご紹介します。

 新たな放射能汚染が次々と明らかになるなか、野田首相は早々に事故収束を宣言した。被害の補償を求める活動や、健康被害を食い止めるための測定、除染、健康診断などの活動が全国で広がり、ノーモア原発の声が大きな流れになってきた。
 安全神話にすがって原発を推進してきた、歴代の自民党政府と電力会社、プラントメーカーなどの財界・大企業。そして、その根底にあるアメリカの核による支配とエネルギー戦略。
 私たちが、もう一度原発の危険性と自然エネルギーの可能性をしっかりとすかめば、国のエネルギー戦略を根本から変えることが出来るはずだ。
 チャンスは今。未来への決断が求められている。

Part1 (17分)
原発に奪われたいのちと暮らし 〜父を返せ、故郷を返せ〜
【取材項目】
・事故を起こした福島第一原発
・警戒区域内への一時帰宅
・自殺したキャベツ農家の遺族の怒り
・損害賠償、放射線測定、除染、健康診断を求めてたたかう人々

Part2 (19分)
作られた安全神話 〜原発はなぜ日本に導入されたか〜
【取材項目】
・最初の原子炉 シカゴパイル1号
・最初の原子力潜水艦 ノーチラス号
・福島第一原発を設計した元技術者が事故を予言
・元GE幹部が原発を輸出産業としたアメリカの思惑を証言
・元電力会社幹部が暴く地方への原発押し付けの実態
・活断層が無視されていたという研究者

Part3 (17分)
エネルギーの未来を創る挑戦 〜原発がなくても困らない!〜
【取材項目】
・自然エネルギー160%自給を実行している葛巻町
・原発立地を止めて来た数々のたたかい
・自然エネルギーの可能性
・原発ゼロへの様々なたたかい
posted by タテヤマ at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

お申込み方法

「未来への決断」〜ノーモア原発〜 DVD(54分)
           4000円(消費税込4200円)
Part1 (17分)
 原発に奪われたいのちと暮らし 〜父を返せ、故郷を返せ〜
Part2 (19分)
 作られた安全神話 〜原発はなぜ日本に導入されたか〜
Part3 (17分)
 エネルギーの未来を創る挑戦 〜原発がなくても困らない!〜

こちらでご注文下さい。
DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜注文フォーム

※3部構成となっており、どこからでもご覧になれます。
※一枚のDVDに3部とも収録されています。

タグ:原発
posted by タテヤマ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD購入方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。