2012年07月30日

Part1 原発に奪われた命と暮らし その2

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます

Part1は「現在」を描きます。

須賀川・樽川さん.jpg

取材班は原発から60Km離れた須賀川市へと向いました。
キャベツなどを中心に、土づくりに拘って野菜作りを続けてきた農家を訪ねました。
息子さんは5年前に建設業の会社を辞めて農業に専従。
野菜の評判は高く、学校給食にも提供してきました。

しかし、そのお父さんは、自宅の裏のケヤキの木に首をつり、自ら死を選びました。
原発事故によるキャベツの出荷停止命令が出た翌日のことでした。
息子は父が残したノートを手掛かりに、放射能汚染と戦いながら野菜作りを続けています。

こうした原発事故被害による自死は、後を絶ちません。
相馬市でも酪農家が納屋に遺書を残して亡くなりました。
「何もできない父親でごめんなさい」「原発さえなければ」…。

原発事故による自死は、泣き寝入りしているケースも多く、どれだけのいのちが失われているか、実態はつかめていません。
東電は「原発事故による直接被害で亡くなった人はいない」と言いました。
確かにそれは確かめられていません。
しかし、避難命令で救出できたはずの人たち、放射能汚染さえなければ元気で働いていたはずの人たちのいのちが失われているのは紛れもない事実なのです。

DVDは失われた命を見つめて、その声を伝えます。



posted by タテヤマ at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口知事選 飯田さん善戦!

山本繁太郎  252、461票
飯田哲也   185、654票

山口、惜しかったですね。
飯田さんが勝ったら、明確に「原発ノー」を突きつけることが出来たのですが…。

新聞各紙の見出しです。ご査証ください。
東京新聞 「保守王国にも脱原発の民意」
毎日新聞 「保守王国に動揺」
朝日新聞 「既成政党に不信感」
読売新聞 「民主県連・厳しい」
産経新聞 「冷静な判断・自民安堵」

ここでも東京新聞の視点が一歩進んでいる様です。
ラベル:知事選 原発 政治
posted by タテヤマ at 13:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7.29国会包囲行動の報道

29日の国会包囲行動、お疲れ様でした。

7.29.jpg

今回も報道を比較してみます。

◆東京新聞 1面トップ、カラー写真付5段記事
         +1社会面トップカラー写真付10段記事
      集会参加人数も主催者発表を先に表記
◆朝日新聞 1面トップ、カラー写真付5段記事
         +2面肩カラー写真付特集10段記事
      集会参加者数も主催者発表を優先
◆毎日新聞 1社会面肩カラー写真付10段記事
      集会参加者数は主催者発表を先に連記
◆読売新聞 2社会面下の白黒写真2段ベタ記事
      参加者数は警察発表のみ
◆産経新聞 記事なし

今回も東京新聞が大きく取り上げました。車道はほとんど車が通っていないのに、なぜ車道を開放しないのか、という論調の記事を載せていたのも納得!
朝日が大きく取り上げたのは変化ですね。続けることに価値はあるんだろと思います。
読売、産経は相変わらず、公器としての役割を放棄しています。

posted by タテヤマ at 13:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

Part1 原発に奪われた命と暮らし その3

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます

Part1は「現在」を描きます。

放射線測定.bmp

須賀川のキャベツ農家をはじめとして、多くの方々が命を絶った原発事故による放射能の被害は、事故から1年以上経っても広がり続けています。

昨年は福島第一原発から300Km以上離れたところで、お茶の出荷停止などがありました。
海洋汚染のホットスポットは沿岸流に乗って南へと移動し、東京湾の汚染のピークは来年とも言われます。
食品だけでなく、建材などから放射能が現出され、引っ越しを余儀なくされている人もいます。

京都大学原子炉実験所の今中哲二助教は、「こうした放射能汚染とのたたかいは、何十年も続くだろう」と話します。
セシウム137の半減期は30年です。少しずつ放射能は減衰しますが、ところどころに集中的に溜まるホットスポットがどこに出来るかを予測するのは難しく、東日本全体で何十年もの間、放射能を相手にしなければならないのです。
posted by タテヤマ at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

Part1 原発に奪われた命と暮らし その1

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます

Part1は原発事故の被害の実相と立ちあがる人々の話です。
「現在」を描きます。

原発事故直後、津波被害を受けていた浪江町では、懸命の捜索が行われていました。
南相馬、浪江、双葉、大熊、富岡、楢葉の6市町の死者・行方不明者は千名以上。
地震から72時間は救出可能な時間と言われています。ところが避難命令は24時間後に出てしまいました。
捜索に当たっていた千名を超える消防団・警察官たちは、断腸の思いで救出活動を中断しました。
まだ救えたかも知れない命がそこにあったのに…。

さらに、多くの人たちは東北方向に避難しました。
ところが放射能は逃げていく人たちの追いかけるように広がっていったのです。
130億円を投じて作られた放射能拡散を予測するSPEEDIの情報が提供されたのは、逃げ惑う避難民でなく、なんとアメリカ軍でした。

救えた命があったはず…。
Part1はここから始まります。
posted by タテヤマ at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。