2012年11月05日

大飯に活断層!

http://mainichi.jp/select/news/20121105k0000m040059000c.html
大飯の活断層調査.jpg

原子力規制委が大飯原発で行った活断層の調査では、12万年前前後に地層が動いたことが確認されました。
これを活断層だと断言する東洋大学の渡辺満久教授。それに対して「地すべり」かも知れないという立命館大教授の岡田篤正教授が激しく議論。
http://mainichi.jp/select/news/20121105k0000m040059000c.html

渡辺先生.jpg

東洋大の渡辺先生は、DVD「未来への決断」でも証言をしてくれている方です。
岡田先生は良く存じ上げませんが、物事の考え方がどうかと思います。
確かに1カ所だけの調査で「地すべり」か「活断層」かを科学的に確定するのは難しいでしょう。
しかし、すでに存在が確認されていた断層が12万年前に動いていたことが明らかになったのです。
「地すべり」の可能性はあるかも知れませんが、「活断層」の可能性が高い、と類推するのが普通の判断なのではないでしょうか。
何のために調査をやったのかを考えるべきです!

断層が動いていたことが明らかになったのです、直ちに稼働を止めるべきです!!

posted by タテヤマ at 17:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。