2012年07月30日

Part1 原発に奪われた命と暮らし その2

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます

Part1は「現在」を描きます。

須賀川・樽川さん.jpg

取材班は原発から60Km離れた須賀川市へと向いました。
キャベツなどを中心に、土づくりに拘って野菜作りを続けてきた農家を訪ねました。
息子さんは5年前に建設業の会社を辞めて農業に専従。
野菜の評判は高く、学校給食にも提供してきました。

しかし、そのお父さんは、自宅の裏のケヤキの木に首をつり、自ら死を選びました。
原発事故によるキャベツの出荷停止命令が出た翌日のことでした。
息子は父が残したノートを手掛かりに、放射能汚染と戦いながら野菜作りを続けています。

こうした原発事故被害による自死は、後を絶ちません。
相馬市でも酪農家が納屋に遺書を残して亡くなりました。
「何もできない父親でごめんなさい」「原発さえなければ」…。

原発事故による自死は、泣き寝入りしているケースも多く、どれだけのいのちが失われているか、実態はつかめていません。
東電は「原発事故による直接被害で亡くなった人はいない」と言いました。
確かにそれは確かめられていません。
しかし、避難命令で救出できたはずの人たち、放射能汚染さえなければ元気で働いていたはずの人たちのいのちが失われているのは紛れもない事実なのです。

DVDは失われた命を見つめて、その声を伝えます。





posted by タテヤマ at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。