2012年09月11日

Part2 作られた安全神話 その2

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます。

Part2は「過去」を暴きます。
〜原発はなぜ日本に導入されたのか〜。

Atom for peace.jpg

今からおおよそ60年前。
1953年12月8日、国連総会でアイゼンハワー米大統領が演説しました。
「核エネルギーの平和利用を促進させよう」
有名なAtom for Peaceの演説です。この演説から原子力発電の歴史が始まりました。

広島と長崎に原爆を投下したアメリカは、戦後も核兵器を独占して核の脅威で世界支配を強めようとしていました。
1949年にソ連が核実験を成功させたので、NATOや日米安保などの軍事同盟を作り、そこに核兵器を持ち込んでソ連を包囲しようとしたのです。

ところが世界世論の核兵器に強い抵抗を示していました。
そこで、「核兵器の平和利用」を進めて原子力への抵抗を小さくし、次に核を持ち込もうという作戦に出ました。そしてその格好のターゲットとして日本が狙われました。

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜では、現代日米関係の専門家、アメリカン大学カズニック教授のインタビューから、原発が日本に持ち込まれた経緯を探っていきます。


posted by タテヤマ at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。