2012年09月18日

IAEAがなぜ「原発ゼロ」を批判するのか?

天野IAEA事務局長、「原発ゼロ」に懸念示す。(読売新聞)
国際原子力機関(IAEA)の年次総会に出席した山根隆治外務副大臣は17日、天野之弥IAEA事務局長と会談した。
日本政府関係者によると天野事務局長は、政府が決めた2030年代の「原発稼働ゼロ」目標について、「再処理やプルトニウムの扱い」などについて、懸念を表明した。
日本が新方針通り、原発依存度を減らすと、再処理で取り出されるプルトニウムの利用機会も減り、行き場を失ったプルトニウムが蓄積する。天野事務局長はこれが核物質の不拡散の課題となることを心配しているとみられる。
=======================

欺瞞に満ちた発言です。
そもそも核燃料リサイクルによるプルトニウムの再利用なんて米仏日しかやってない訳だから、プルトニウムの蓄積を心配するなら最初から原発をやめりゃいいだけのことです。
核不拡散の立場から言えば、出てきたプルトニウムは厳重に管理すればいいんじゃないでしょうか。




posted by タテヤマ at 14:55| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。