2012年11月06日

都知事選も原発廃止が焦点に!

石原「暴走老人」が都政を投げ出したために行われる都知事選挙ですが、反原発の運動をリードしてきた大江健三郎さん、鎌田慧さんらが統一候補擁立するための組織を立ち上げました。
今のところ宇都宮健児前日弁連会長が有力候補とのことです。
ぜひぜひ原発廃止を明言する都知事を実現しましょう!!!

(以下、毎日新聞より)
<都知事選>脱原発や憲法尊重…統一候補擁立へ会結成
 東京都知事選(29日告示、12月16日投開票)に向け、作家の大江健三郎氏や評論家の佐高信氏ら文化人40人が6日、脱原発や反貧困での統一候補擁立を目指す「人にやさしい都政をつくる会」を結成した。憲法の尊重▽脱原発▽教育現場の民主化▽反貧困・格差施策の実施−−を掲げる都知事を求めるとしている。
 会は声明で「都知事を変えることは、日本の右傾化を阻止する力になる」と主張。都庁で記者会見した佐高氏は「無責任な石原都政を転換できる候補者を探していきたい」と述べた。
 会見には脱原発を訴える市民グループなどから擁立論が出ている前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(65)も出席し、自身の出馬について「(統一候補として名前が挙がっている)他の人が辞退し、市民グループがぜひということなら、検討せざるを得ない」と含みを持たせた。
posted by タテヤマ at 16:40| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。