2012年08月24日

大飯再稼働なしでも乗り越えられた!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000004-fsi-bus_all

関西電力管内の節電は11%を記録したそうです。
この夏の最高を記録したのが8月3日で2682万キロワット。
もし大飯原発を再稼働していなくても電力使用量は96%に留まりました。

つまりこれだけの節電が出来れば、大飯の再稼働の必要はなかったのです。
ラベル:大飯 再稼働 節電
posted by タテヤマ at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

2030年ゼロが圧倒的!

世論調査.jpg

政府の実行委員会が世論調査の調査結果を発表しました。
2030年の原発依存度ゼロが46.7%で最多です!!

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012082200284&rel=&g=

政府の調査でさえ、こういう数値です。
しかもゼロが増えてきているというのも特徴。

少なくても2030年には原発をゼロにするという決断を政府は下すべきでしょう!

posted by タテヤマ at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

この夏電力に余裕!

今朝の朝日新聞は久々の良い記事でした!!

[家庭や企業の節電が効果を上げ、関電や九電などで準備した「計画停電」は一度もなく、全国の電力は余裕がある。関電では家庭の電力需要を表す「電灯」の需要は、昨年の7月より16.9%減。
関電でのこの夏最大の需要は8月3日の2682万kw。
このとき西日本全体でも、900万kwの電力が余っていた。](要約)

http://www.asahi.com/business/update/0820/TKY201208200571.html?tr=pc

大飯原発の再稼働なしでも、この夏を乗り切ることが出来たことが明らかになりました。
「たがが電気」(坂本龍一)どころではありません。電気が不足するのは、どんなに少なめに見積もっても【過去最大の猛暑の夏の1〜2週間の午後の2時間】程度だろうと考えられます。
こんなことのために原発を動かす必要があるんでしょうか。
posted by タテヤマ at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

世論調査の罠

毎日新聞の8月の世論調査によれば、2030年のエネルギー政策の巡る原発依存度の割合について
15%が54%
0%が31%
20〜25%が10%だったとのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120812-00000091-mai-pol

【エネルギー政策を巡り政府が2030年の原発依存度として示した三つの選択肢のうち、どれが望ましいかも聞いた。東日本大震災前の10年度が26%だったのに対し、「ゆるやかに減らして15%」が54%で最多。「原発0%にする」は31%、「震災前に近い20〜25%」は10%だった。】

これって一つのレトリックというか、罠ですね。
もし選択肢のパーセンテージを0,5,10,15,20,25と用意したらどうなっていたでしょうか。
多分5%とか10%が一番数字が多かったかも知れません。
選択肢として0%を用意したのは運動の成果だと思いますが、「世論調査」でいくつもの設問の中に紛れ込ませてしまっては「中庸」を選ぶのはやむを得ないことです。

2030年にゼロ!
まずはこれを約束させましょう!!




posted by タテヤマ at 14:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱原発デモの先に何が見えるのか?

何となく心に響いたので、週刊プレイボーイニュースに乗ってた漫画家いましろたかしさんのコメントを転載します。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120813-00000449-playboyz-soci

「“結果”は出ないと思う。だけど、やるしかない」
っこれって7月16日の代々木公園での17万人集会で、瀬戸内寂聴さんが話してたこととつながります。

7.16集会 瀬戸内寂聴さん
「私は90年生きていますので、かなり懐疑的になっているんですが、いくらこういう風に集まっても、すぐに原発を止めることになるかどうかわからない。それでも私たちは集まらなければならない。国に対して言い分があれば、口に出していい、体で表していいのです。そういうことを今の人たちはあまりにしなくなりました。例え空しいと思うときがあっても、それにめげないで頑張っていきましょう。」

単純に政府が「はい、原発は止めます」ということになるのはかなり困難でしょう。
でも、政府が出した2030年の3つのプランの中に0%が入っていることや、多くの原発での活断層の再調査がされていることや、野田総理がデモの代表者の話を聞くと言っていることや、少しずつ社会に影響を与えていることは間違いありません。

無理せずに、気長に、挫けずに、たたかい続けましょう!!

このたたかいを広げるために、DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜をご活用ください。
posted by タテヤマ at 14:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。