2012年09月11日

Part2 作られた安全神話 その2

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます。

Part2は「過去」を暴きます。
〜原発はなぜ日本に導入されたのか〜。

Atom for peace.jpg

今からおおよそ60年前。
1953年12月8日、国連総会でアイゼンハワー米大統領が演説しました。
「核エネルギーの平和利用を促進させよう」
有名なAtom for Peaceの演説です。この演説から原子力発電の歴史が始まりました。

広島と長崎に原爆を投下したアメリカは、戦後も核兵器を独占して核の脅威で世界支配を強めようとしていました。
1949年にソ連が核実験を成功させたので、NATOや日米安保などの軍事同盟を作り、そこに核兵器を持ち込んでソ連を包囲しようとしたのです。

ところが世界世論の核兵器に強い抵抗を示していました。
そこで、「核兵器の平和利用」を進めて原子力への抵抗を小さくし、次に核を持ち込もうという作戦に出ました。そしてその格好のターゲットとして日本が狙われました。

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜では、現代日米関係の専門家、アメリカン大学カズニック教授のインタビューから、原発が日本に持ち込まれた経緯を探っていきます。
posted by タテヤマ at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

ダイジェスト版出来ました!!

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜のダイジェスト版4分が出来ました!

スライド1.GIF

ぜひご覧下さい。

原発推進勢力との綱引きは続きます。
少しでも多くの方が原発ゼロへのたたかいに踏み出して頂くためにも、DVDを小集会などでご活用下さい!

http://www.ndn-news.co.jp/miraihenoketsudan/to/index.html
posted by タテヤマ at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

Part2 作られた安全神話 その1

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます。

Part2は「過去」を暴きます。
〜原発はなぜ日本に導入されたのか〜。

長崎に落とされたプルトニウム型原爆ファットマン.jpg

1945年8月9日、長崎に落とされた原爆、ファットマンです。
原子力発電の歴史はここから始まります。

取材班はアメリカ・シカゴに飛びます。
ここに世界で初めの「原子炉」の記念碑があります。
1942年12月、ここで人類初の「臨界」が起きます。
そして核物質プルトニウムが生み出されました。

この成果がマンハッタン計画と呼ばれる極秘計画に結びつきました…。

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜では、原発と核が生み出された経緯を暴いていきます。

posted by タテヤマ at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

Part1 原発に奪われた命と暮らし その5

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます

Part1は「現在」を描きます。
1030反原発デモ.jpg
広がる原発なくせの活動

原発事故被害の賠償に取り組んでいる弁護士は、国と東京電力は早くも賠償の収束まで考えていると言います。
そんな中、取材班は自殺したキャベツ農家の家族が東京電力と交渉するというので同行しました。
=======================
東京電力職員
「○○様が上記のような理由で自殺されたことは、
本件事故と相当因果関係を有する原子力損害にあたるとは解されない」
「損害賠償には応じられない」
=======================
東京電力は当時の須賀川市の状況すら調査せず、
自殺と原発事故には因果関係はないとする回答を示しました。

あまりに不誠実な対応に、家族の怒りは爆発します。
=======================
息子「東電としてちゃんと親父に線香あげてくれればそれで気が済むんだって」
妻「福島県の人みんな苦しんでいる。謝って欲しい。
原発を止めてもらいたい。おれらはその気持ちしかない。銭金じゃないんだよ」
「福島県の人を見捨てるのかい?
おれらは年だからもういいけど若い人たちはこれから先どうやって生きてくの?」
=======================

こうして、今、少しづつ原発事故によって踏みにじられた人生を取り戻すために、人々が立ち上がり始めました。

東電への賠償請求
抗議する若い母親たち
除染に取り組むボランティア
こまめな放射線測定
被害を最小限に食い止めるための健康診断

こうした取り組みが、原発をなくそうという運動に集まってきました。

そして、原発をもう一度見つめ直すために、取材班はPart2でアメリカに飛びます。
posted by タテヤマ at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

Part1 原発に奪われた命と暮らし その4

DVD「未来への決断」〜ノーモア原発〜を少しづつご紹介していきます

Part1は「現在」を描きます。

一時帰宅.jpg
      一時帰宅の様子

福島第一原発からわずか4kmのところで下宿屋を営んでいた家族がいます。
事故によって仕事と住まい、そして故郷をいっぺんに失ってしまいました。
3月11日の地震直後から追われるように点々と住まいを変え、ようやく東京都が提供した狭いアパートに辿り着きました。今は、仕事を探しながら小学生の娘さんと3人で暮らしています。
しかし、ここにもいつまでいられるか判りません…。

取材班はご家族の一時帰宅に同行しました。
4か月ぶりに訪れた我が家は、あの時から時が止まったままでした。
飼っていた3匹の犬たちも変わり果てた姿になっていました。

東京に帰って小学生の娘さんにこのビデオを見せました。
「一度、帰ってみたい」
娘さんは仲良しだった犬たちの死を受け止めようとしていました。

そんななか、野田総理は早々に原発事故の収束宣言をします。
「仕事も見つからず、生活の目途も経たないのに、どうして収束なのか!」
家族は憤ります。


DVD「未来への決断」では、警戒区域も取材しながら、被害の実相に迫ります。
posted by タテヤマ at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | DVD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
原発ゼロを託す選挙! by パーマン (03/23)
原発ゼロを託す選挙! by 市民有志 (06/03)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。